monacca ( モナッカ )




Monacca Projects
プロジェクトはエコアス馬路村とデザイナー 島村卓実氏が協力。木製品の新しいマーケットを開拓するためにデザイナーが製品を提案したことから始まりました。いくつかの試作を繰り返した後、2003年のデザイナーズブロックでmomaccaブランドとしてプロトタイプを発表。その後の好評価を受け、生活の中でデザイン性を重視するバッグと座布団を発表しています。

Background
「モナッカ」は高知県馬路村の杉の間伐材から生まれたインテリア雑貨ブランドです。杉は日本で最もポピュラーな木材で、成長が早いことから1940年代に国の林野事業の一環で地方の多くの場所に植林されており建築材料として普及してきました。ここ馬路村でも従来からあるヤナセ杉の植林を進めてきました。
しかし、一度植林された杉も良質な木材を作るには管理をしていかなくてはなりません。管理をされていない森は木が密生し日差しが入らず、木の生育を阻害し森林資源そのものを衰弱させてしまいます。そのためには木を定期的に間引く作業が必要です。この間伐作業では多量に間伐材料が発生し、そのまま放置されることもありました。間伐材でも良質な木の本質は変わることがありません。
馬路村ではエコロジーの観点からこの素材を見直し、(株)エコアス馬路村を設立。杉林の可能性に取り組むリユース事業を進めています。

monacca

kaku shou プレーン ブラウンエッジ

¥23,760

kaku プレーン

¥25,920