EVRICA (エヴリカ インテリア雑貨)

pablo ( パブロ )

Pabloのデザインする照明は、利便性とシンプルさを極限まで追及し、ユニークで精密さを備えアメリカン・コンテンポラリー・ライトの最先端をいくものです。 最も適切な材料を使いそれを最高のテクニカルな感性で、周りの環境も変えてしまうような製品をつくりあげています。
Pabloは、1933年にベネズエラ生まれの工業デザイナーであるパブロ・パルドによりサンフランシスコにて設立されました。 「less is moreよりシンプルにより豊かに」というイデオロギーに共鳴し、装飾的な要素を排除し実用的なソリューションを求め、伝統的なデザインの考え方に何度もチャレンジしてきました。 使い捨てが一般的になり過ぎた昨今、長く使える事や環境への優しさにこだわりそれらを新しい創造に結びつける一本の糸を模索しています。

主なクリエイター

Fernando Pardo(フェルナンド・パルド)
Pablo Padro(パブロ・パルド)

フェルナンドとパブロの双子の兄弟のコラボレーションから、アイディアに富み、誰もが手元に置いてみたいと思うような今までにない「パーソナル」サイズのLED照明器具「ピクソ」が誕生しました。 シンシナチ大学の有名な工業デザイン科卒業の後、二人は共にシンプルなフォルムに実用性とスタイリッシュなデザインの絶妙なバランスを実現したユニークな製品を生み出し数々のデザイン賞を受賞したことから、世界的にその名前が知られるようになりました。
FernandoはロサンゼルスのBMWでプロダクトデザインの仕事に携わりパドロはサンプランスシスコでデザイン会社を起業し非常に創造的な照明器具の開発と会社経営に専念しています。 FernandoとPabloは、共に毎日の生活に欠かせず長く使えるデザインを完成させることを目指してきました。PIXOは対照的に二分されたようなデザインでありながら、シンフォニーのようなハーモニーを奏でるフォルムでそれが双子の兄弟により実現したことは興味深いことです。