HOME > Piet Hein(ピート・ハイン) > ドリンククーラー
EVRICA (エヴリカ インテリア雑貨)

Piet Hein(ピート・ハイン)/ドリンククーラー

ピートハイン ドリンククーラー
ピートハイン ドリンククーラー詳細

Piet Hein / ドリンククーラー

飲み物を理想的に冷やすことができる、ステンレス製のドリンククーラー。
数学者でもあるデンマークのピート・ハインが生み出した、絶妙なバランスのフォルムをもつ、スーパー楕円の形をしています。 お酒やジュースに氷を入れ飲んでいても、時間が経ってうすくなってしまった経験はありませんか。 ゆっくりと味わいたい時などは、溶けて飲み物をうすめないドリンククーラーがとても重宝します。 細やかな気配りから生まれたドリンククーラーは、ギフトにも喜ばれます。

 
もっと写真をみる
ドリンククーラー
ドリンククーラー
販売終了致しました

ディティール

Piet Hein ドリンククーラー詳細画像

なめらかなころんとした形で、氷1個分ぐらいのサイズです。

Piet Hein ドリンククーラー詳細画像

オリジナルのペーパーボックス入り。レザーケースがおまけで付いています。

スペック

素材 ステンレス
サイズ W約28×D約28×H約35(mm)
使い方 1時間ほどフリーザーに入れておき、トングかスプーンなどで取り出します。
(※指で直接持つとくっついてしまう恐れがありますので、絶対に持たないで下さい)
ウイスキーやカクテル、ジュースなどにお使いいただけます。
よく保冷されていますので、2杯くらいは使用できます。

【 商品についての注意点 】

  • 凍らせたドリンククーラーは、素手で触らないで下さい。湿った指にはくっついてしまう恐れがあります。トングやスプーンなどで取り出して下さい。
  • グラス等に入れる際は、ゆっくりと静かに入れて下さい。グラスの底と強く接触すると、割れる恐れがあります。
  • レザーケースは、まれに革製品特有のきばみがみられる場合がございます。予めご了承くださいませ。

プ ロ ダ ク ト

Piet Hein(ピート・ハイン)のラインナップ

ブランドプロフィール

ピート・ハインは、1905年デンマーク生まれ。父はエンジニアで、母は眼科医。1924年、コペンハーゲン大学で哲学を学びますが、19歳に中退し、アートスクールに通い始めます。 その合間に、スウェーデン王位芸術アカデミーにも在籍し美術を学びました。デンマークに戻ると 1905年、エンジニアの父と眼科医の母を両親に、ごく普通の家庭環境の中デンマークで生まれました。 中等教育を受けた後、1924年コペンハーゲン大学で哲学を学びますが、19歳になった時、大学を中退してアートスクールに通い、その合間にスェーデン王立芸術アカデミーにも在籍し美術を学びます。 そして、デンマークに戻ると再び進路を変更し、コペンハーゲン大学、デンマーク工科大学そして、Niels Bohr Instituteで哲学と倫理物理学を学び始めるのです。ここまで来て分かるように、通常は相容れない芸術と科学の世界が、彼の中では全く対等に共存するものだったのです 。自らをアーティストであり、科学者でもあると語り、人々は彼を万能人と呼ぶようになります。 彼の作品にはそれが科学論文であれ誌であれ、建築であれ、一目で彼のものだと分かるアイデンティティーが現れています。 つまり、彼のデザインには、もののフォルムがその手段、使われる目的よりも何よりも重要であることがはっきりと見て取れるのです。 ハインは左翼が台頭した戦時中や、戦後のフラワーパワー世代にも属します。 しかし彼自身はいずれにも属さず、また反骨の精神を見せるわけでもなく、自らのスタイルを表現してゆくのです。 そんな彼の思想に共感し、彼と意見を同じくする同胞たちは当時多くはありませんでした。 それでも彼を支持する人たちは誌、建築の分野で以後60年も一緒に表現活動をしてきました。 もし彼の長年にわたる思想、活動のスタイルを一言にまとめるとしたら、ハーモニーという言葉が最も的確でしょう。 1944年に彼は自身の製作に対するアプローチについて次のように述べています。 「芸術とは、解決するまでは明確な解答が見えてこない問いに対する解決なのです。」 そんな彼のデザインの手法を”建築上の詩的なデザイン”と呼ぶ人もいます。  
 
ピートハイン 建築物など  
ピート・ハイン は絶妙なバランスのフォルムを作り出すデザイナーとしてもその才能を発揮しています。 数学者としての感からまず形が生まれ、そこからその形についての定義付けをするというのが彼のデザインへのアプローチです。 彼が「楕円が長方形に変化する過程の曲線」と説明しているスーパー楕円、Superellipseは、円と四角、楕円と長方形といった対照的な形の持つ問題点を見事に解決することになります。 数式によって編み出した幾何学形のスーパー楕円は、まずストックホルムの都市計画に採用されています。 ストックホルム市内の中心部、長さ200メートルの長方形の広場において、二つの大通りが交わる大きなロータリーを建築することになっていました。 スーパー楕円はまず最初にこの新しいセルゲル広場に用いられ、その後カナダ、フランス、日本、アメリカなどでも住宅街計画に採用され、メキシコではオリンピックスタジアムのデザインにも用いられています。 さらに家具のデザインにおいてもスーパー楕円はさまざまな問題点の解決に用いられます。 特にテーブルトップの形にスーパー楕円は幅広く使われることになります。

▲ ページのTOPへ