EVRICA (エヴリカ インテリア雑貨)

ARABIA ( アラビア )

フィンランドにはヘルシンキ郊外の別荘地であった「アラビア」地区に1873年創業。
デザイン性、芸術性に優れながらも使い勝手に配慮した実用的な陶器であることが「アラビア」の大きな特徴で、丸みのあるフォルム、どっしりとした感触からは暖かい温もりをも感じさせてくれます。また、際立ってシンプルなものから、華やかなロマン溢れる作品まで、オリジナリティー豊かな製品を幅広く揃えているのも「アラビア」ならではの特徴です。


ARABIA


主なクリエイター

デザイナー
Birger Kaipiainen(ビルガー・カイビアイネン)

Birger Kaipiainen(1915-88)教授は、フィンランドの陶芸界で最もよく知られているデザイナーのひとりです。 彼は、50年のキャリアの大部分を、アラビアの美術部門でユニークな芸術セラミックを作成するのに費やしました。 彼の洗練された芸術は、「The prince of ceramics」「The King of decorators」などと賞賛され、彼の同時代の人を奮い立たせました。 また、Kaipiainenは、1977年に教授の名誉称号を受けました。

デザイナー
Heija Liukko-Sundstrom(ヘルヤ・リウッコ・スンストロム)

アラビア専属デザイナー、Heija Liukko-Sundstromは、彫刻家、陶芸家、画家でもある才能あふれた芸術家です。 自然の風景やメルヘンティックな世界を生み出すフィンランドでも人気の高いデザイナーで、世界中にコレクターが存在しています。
セラミックの作品はとても暖かみがあり、フィンランドでも定評があります。
彼女は1994年にプロフェッサーの名誉称を、2001年にはプロフィンラジアメダルを授与されました。

デザイナー
Tove Jansson(トーベ・ヤンソン)
1914年フィンランドのヘルシンキ生まれ。彫刻家の父と画家の母の間に長女として誕生し、のちに多方面で優れた才能を発揮。トーベは、画家であり、漫画家であり、作家でもありました。1930〜1933年まで、ストックホルム芸術学校に在籍し、1937年まで、フィンランド芸術アカデミー美術学校に在籍。その後、1966年に国際アンデルセン賞作家賞、1984年にはフィンランド国民文学賞を受賞し、国際的にも有名な作家となる。ムーミン物語は、世界各国で34もの言語に訳されて、ムーミンコミックは数十年で何百万人という人々の手に渡ってきました。トーベが亡くなった今でも、彼女の作品は世代から世代へ引き継がれ、愛され続けています。

デザイナー
Kati Tuominen-Niittyla(カティ・トゥオミネン=ニーットゥラ)

1947年 ヘルシンキ生まれ。 クリスティーナ・リスカと共にARABIAのKoKoシリーズのデザインを手がけた事でも有名です。 1998年、日本の国際フェスティバル’98美濃セラミックコンペティション1998でグランプリを受賞。 2002年に、国際陶磁器展美濃の陶芸部門で金賞を受賞。2007年には、カイ・フランクデザイン賞を受賞。 日本の陶芸にも深い知識を持ち、今もなおセラミックデザインの分野で活躍しているデザイナーです。